HIGHLIGHT

複雑に絡み合う人間関係に急展開!ついに暴かれるブラックリスターNo.1の正体とは?

INTRODUCTION

2013年、全米ネットワークNBCで放送開始して以来、世界中のファンを熱狂させてきた名優ジェームズ・スペイダー主演の大ヒットアクション・サスペンス「ブラックリスト」がついに最終章へ!謎が謎を呼ぶミステリー展開で視聴者を翻弄してきた人気シリーズが2023年2月から全米で放送スタートし、今シーズン第4話で記念すべきシリーズ通算200回を迎えたシーズン10で有終の美を飾る。
 世界中の凶悪犯罪者たちとコネクションを持つ“犯罪コンシェルジュ”のレイモンド・“レッド”・レディントンは、犯罪者たちのリスト“ブラックリスト”をFBIに提供して特捜チームの捜査に協力する一方で、自身の秘めた目的を達成しながら国際的な“犯罪帝国”を繁栄させてきた。ところが、シーズン8の最終話でレディントンが愛し守ってきたFBI捜査官エリザベス・“リズ”・キーンが銃弾に倒れ、シーズン9ではレディントンがエリザベスを殺した真犯人を見つけ出し復讐を遂げるための壮絶な戦いを展開。その戦いには勝利するもこれまでリークしてきたブラックリストの情報が流出し、今度はレディントンがリストの歴代犯罪者たち“ブラックリスター”の復讐の標的となってしまった。
 これに続くシーズン10はまさにシリーズの集大成というべき怒涛のストーリーが繰り広げられ、フィナーレにふさわしい最大のスリルに満ちたサスペンスと迫力満点のアクション、胸を打つ人間ドラマが待ち受けることに。果たしてレディントン、ブラックリスター、FBIチームが三つ巴となる最終決戦の結末は?そして、未だに明かされていないレディントンの正体とは?これまでの伏線を回収しながら予想もつかないエンディングに向かっていくファイナル・シーズンを見届けてほしい。

STORY

グアテマラで休暇を過ごしているはずのレディントンが独りでニューヨークに現れた途端、中国領事館の関係機関で爆破事件が発生。FBIチームはその実行犯がレディントンではないかと疑い、レスラーとデンベが治外法権だと主張し捜査を拒む責任者チンの制止を振り切って現場に踏み込む。すると、そこにあったのは不審な女性の遺体だった。その後、焦った様子のチンが電話をかけた相手は、マーヴィンが死ぬ間際にレディントンの裏切りとブラックリストの存在を教えた凄腕の中国人暗殺者ウージンだった。ブラックリストにまつわる全ての真実を暴き出しレディントンに復讐しようとするウージンの計画はすでに動き出していたのだ。その後、FBIチームは遺体の女性が、かつてエリザベスがレディントンの貸金庫からメモリを盗み出す際に雇ったブラックリスター、ジェニファー・アン・モールスだったことを突き止めるが……。

ファイナル・シーズンの見どころ

レディントンvs ブラックリスター、過去の曲者犯罪者たちが再登場!シーズン1第3話にNo.84のブラックリスターとして登場した中国人暗殺者のウージン(チン・ハン)がシーズン9 第22話でレディントンの裏切りを知らされ、ファイナル・シーズンでは周到な復讐計画を進めていく強敵となり、過去のブラックリスターたちも続々と再登場。フリーランサー(ダニエル・サウリ/シーズン1第2話 No.145)、レディントンの師匠ロバート・ヴェスコ(ステイシー・キーチ/シーズン6第13話 No.9)、拷問の専門家ドクター・レイケン・ペリロス(ラヴァーン・コックス/シーズン8第10話 No.70)など、これまでシリーズを賑わせてきた曲者犯罪者たちが、クライマックスに向けて重要な役割を果たしていくことになるのかに注目だ。

hl_03

新たな捜査官が加わったFBI チームも最大の危機に直面!ファイナル・シーズンでは、アラムとパクが去ったFBIチームにシーズン1にゆかりのある新たなメンバーが加入。シーズン1でCIAから出向してきてチームに加わったものの殉職したミーラ・マリクの娘シーヤ・マリクは英国の秘密情報部MI6の若き諜報員として活躍していたが、亡き母親の遺志を継ぐためにもチームに参加したいとハロルドに直訴し、チーム入りを認められるとレスラーの良き相棒となって頼もしい働きをしていく。潜入捜査も怖いもの知らずの大胆な行動力でこなすシーヤはレディントンにも気に入られ、FBIチームはこれまで通りレディントンからブラックリスターの情報を得ながら、パナベイカーの選挙活動中の狙撃事件や亡き投資家の隠し財産を巡る殺人事件などを解決することに。しかし、その裏で彼らの協力関係の証拠を手に入れようとするウージンとの攻防戦が激化していき、レディントンと一蓮托生のFBIチームにも最大の危機が迫る。

hl_04

変化を遂げてきたレディントン、その正体がついに明かされる?シリーズ開始当初は情け容赦のない冷酷な犯罪者だったが、エリザベスを守るために行動していくにつれて人間味が増していったレディントン。彼はエリザベスだけでなくFBIチームのメンバーたちとも時に対立しながら数々の難局を一緒に乗り越え生死を共にすることで絆を深めてきた。そして今、彼はハロルドが引き取って育てる亡きエリザベスの娘アグネスにも並々ならない愛情を示す。いったい彼がエリザベスとアグネスに執着してきたのはなぜなのか?エリザベスの母親である本物のカタリーナは今なおどこかで生きているのか?そして、レディントンの正体は何者なのか?最大の謎の答えが待ち受けるであろうフィナーレまで目が離せない!

Previous Seasons「ブラックリスト シーズン1~9」を振り返る

シーズン1

“犯罪コンシェルジュ”登場!新人FBI捜査官リズの苛酷な戦いがスタート
pv_01

FBIの最重要指名手配犯のレディントンが自ら出頭して犯罪者の“ブラックリスト”を提供しFBIに協力を申し出る。彼が連絡係として指名したのは新人捜査官のエリザベス。彼女はなぜ自分が指名されたのか理由が分からないまま彼と“ブラックリスト”による捜査を始め凶悪犯ベルリンらを追う。そんな中、エリザベスは教師を務める彼女の夫トムが潜入工作員だったという衝撃の事実に気付き、養父サムが不可解な死を遂げたことにも大きなショックを受ける。実は、これら全てはレディントンがエリザベスを守るために行っていたことだった。

注目ブラックリスター
No.145 フリーランサー(第2話)
No.161 シチューメイカー(第4話)
No.85 運び屋(第5話)
No.152 ジーナ・ザネタコス(第6話)
No.8 ベルリン(第21、22話)

シーズン2

極秘ファイル“フルクラム”を巡る“結社”の陰謀がリズとレッドを襲う!
pv_02

トムを監禁して真実を聞き出そうとしたエリザベスは窮地に陥るが、最終的にトムはエリザベスを助けて彼女への愛を証明する。また、レディントンは “結社”の極秘ファイル“フルクラム”を持っているふりをして彼らを牽制してきたが、それはロシアのスパイ、カタリーナ・ロストヴァの娘であるエリザベスの手元にあったことが分かる。結局、彼女が“フルクラム”を見つけ出し“結社”に命を狙われたレディントンを救うが、追い詰められて“結社”の黒幕、司法長官トム・コノリーを射殺。その際に幼い頃に父親を射殺した記憶を取り戻す。

注目ブラックリスター
No.104 ボルティモア卿(第1話)
No.12 デカブリスト(第8話)
No.21 ルーサー・ブラクストン(第9、10話)
No.55 カラクルト(第21話)
No.11 トム・コノリー(第22話)

シーズン3

指名手配犯となったリズはFBIと“結社”から追われる逃亡生活を始める!
pv_03

指名手配犯となりFBIと“結社”の両方から追われる身となったエリザベスはレディントンとともに逃亡生活を送る。やがて、“結社”の陰謀は暴かれレディントンが“結社”の局長を殺害、エリザベスは司法取引で自由の身となるがFBIへの復帰は叶わない。その後、彼女はレディントンと縁を切ることを決意してトムとの間にできた娘アグネスを出産する際にミスター・キャプランの協力を得て自分の死を偽装する。だが、エリザベスとアグネスは自分がエリザベスの父親だと信じるカタリーナの元夫アレグザンダー・カークに誘拐されてしまう。

注目ブラックリスター
No.80 マーヴィン・ジェラード(第2話)
No.103 アリステア・ピット(第13話)
No.32 ソロモン(第17、18話)
No.18 スーザン・ハーグレイヴ(第21話)
No.14 アレグザンダー・カーク(第22、23話)

シーズン4

リズの父親はやはりレッド!?しかし、レッドの“犯罪帝国”は崩壊へ
pv_04

DNA鑑定でエリザベスの実の父親はアレグザンダーではないことが判明し、エリザベスはカタリーナの愛人だったレディントンが父親だと確信する。また、彼女は恩赦によりFBIに復帰できることになるが、エリザベスを守るためにレディントンを裏切ったことがばれたキャプランは彼に処刑される。だが、運よく生き延びたキャプランはレディントンに強烈な反撃をした末に橋から身を投げる。実は、彼女はレディントンがこれまで築き上げた“犯罪帝国”と財産を奪っただけでなく、何者かの人骨が収められたスーツケースをトムに遺していたのだった。

注目ブラックリスター
No.105 リンドキスト財団(第5話)
No.107 設計士(第14話)
No.29 ボグダン・クリロフ医師 (第19話)
No.4 ミスター・キャプラン(第21、22話)

シーズン5

レッドが“犯罪帝国”を再建する一方、ついに謎の骨が誰なのか判明!
pv_05

無一文となり安モーテル住まいとなったレディントンは、あっと驚く方法で警察や犯罪者たちを出し抜き、自分の“犯罪帝国”を再建するために必要な新メンバーと資金を集めていく。一方、エリザベスは娘としてレディントンと向き合うようになり2人の絆は深まっていく。だが、キャプランから預かった骨のDNA鑑定をしたトムがイアン・ガーヴェイによって殺され、彼を助けようとしたエリザベスも重傷を負う。10ヶ月後、目を覚ました彼女は骨の行方を追い続け異母姉妹ジェニファーと対面する。そして、骨が2人の父親レディントンのものだと知る。

注目ブラックリスター
No.37 グレイソン・ブレイズ(第2話)
No.13 イアン・ガーヴェイ(第8、19話)
No.51 ローリー・シンクレア3世(第14話)
No.17 サットン・ロス(第22話)

シーズン6

レッドは偽者だった!? 復讐心に燃えるリズが彼を騙して暗躍する
pv_06

トムを失い、今いるレディントンが偽者だという事実を知ったエリザベスは復讐心に燃える。そして、レディントンの前ではそのことに気付いていないふりを続けながらFBIチームをも利用して彼の正体を暴こうと暗躍し、ジェニファーと一緒にレディントンをはめる。その結果、逮捕された彼は死刑を宣告されるが、ハロルドの尽力で釈放に。その後、レスラーの捜査によりドムが自分の祖父と分かったエリザベスは彼からレディントンの正体はカタリーナと親しいイリヤ・コズロフだと聞き出す。一方その頃、レディントンはパリでカタリーナの手に落ちる。

注目ブラックリスター
No.33 ハンス・コーラー医師(第1話)
No.20 コルシカ人/ バスチャン・モロー(第2、11、12話)
No.116 ジェネラル・シロー(第7話)
No.9 ロバート・ヴェスコ(第13話)
No.60 アナ・マクマーン(第21話)

シーズン7

リズの母親カタリーナが姿を現し、レッドVS.カタリーナの戦いが勃発!
pv_07

レディントンはカタリーナに拉致され厳しい尋問を受けるが、FBIチームによって救出される。その後、アグネスの子守を頼んでいた女性の正体がカタリーナだったと分かったエリザベスは、カタリーナからレディントンの正体がイリヤではないことを知らされて彼女の偽装死に協力する。一方、カタリーナに捕らわれていたイリヤはレディントンに助け出される。また、エリザベスの嘘に気付いたレディントンは彼女が自分の味方でいるのかカタリーナの側につくのか試す行動に出るが、真実を知りたいエリザベスはカタリーナを選んだのだった。

注目ブラックリスター
No.27 ルイス・T・スタインヒル(第1、2話)
No.138 ノーマン・ディヴェイン(第5話)
No.125 ハンナ・ヘイズ(第7話)
No.3 カタリーナ・ロストヴァ(第10話)
No.156.157 カザンジャン兄弟(第19話)

シーズン8

レッドに殺意を抱いたリズが“ブラックリスト”のNo.1に!
pv_08

カタリーナを殺したレディントンを恨んだエリザベスは、彼の暗殺をたくらみブラックリストのNo.1に。そして、彼女は同じくレディントンを殺そうとしているタウンゼントと手を組むが、レディントンの友人ステパノフから情報を得たタウンゼントは態度を変え、エリザベスをも殺そうとして執拗につけ狙う。一方、病魔に冒され余命を覚悟したレディントンは、エリザベスに自分を撃ち殺し“犯罪帝国”を継げばカタリーナが彼女宛てに残した手紙を渡すと伝える。だが、土壇場で引き金を引けなかったエリザベスは、背後からタウンゼントの手下に撃たれレディントンの腕の中で息を引き取る。

注目ブラックリスター
No.1 エリザベス・キーン(第4話)
No.143 ケミカル・メアリー(第7話)
No.70 ドクター・レイケン・ペリロス(第10話)
No.5 イワン・ステパノフ(第17話)
No.141 ゴドウィン・ペイジ(第20話)

シーズン9

FBIチームが再始動、レディントンはエリザベスの敵討ちを果たす!
pv_09

エリザベスの死後2年、レディントンは隠遁生活を送り、FBIチームも各々が違う道を歩み始めていたが、FBI捜査官となったデンベの事件捜査がきっかけで彼らのタッグが再開される。同時にレディントンはエリザベス殺害の真犯人について調査を続け、それが長年信頼してきた弁護士マーヴィンだったことを突き止める。彼はレディントンが“犯罪帝国”をエリザベスに継承させると知った時から全てを奪うつもりだったのだ。結局、レディントンはマーヴィンの野望を打ち砕くが、マーヴィンは死の間際にウージンにブラックリストの秘密を暴露する。

注目ブラックリスター
No.45 スキナー(第1、2話)
No.178 SPK(第3話)
No.153 ドクター・ロバータ・サンド(第6話)
No.185 アンドリュー・ケニソン(第15話)
No.80 マーヴィン・ジェラード(第21、22話)

INTERVIEW

ジェームズ・スペイダー

「ブラックリスト ファイナル・シーズン」大塚芳忠(レイモンド・”レッド”・レディントン役 日本語吹き替え声優)インタビュー

ジェームズ・スペイダー

「ブラックリスト ファイナル・シーズン」ジェームズ・スペイダー(レイモンド・“レッド”・レディントン役)インタビュー

ジェームズ・スペイダー

「ブラックリスト シーズン9」ジェームズ・スペイダー(レイモンド・”レッド”・レディントン役) オフィシャルインタビュー

レギュラーキャストー

「ブラックリスト シーズン9」レギュラーキャスト オフィシャルコメント

ヒシャム・タウフィーク

「ブラックリスト シーズン8」 ヒシャム・タウフィーク(デンベ・ズマ役) オフィシャルインタビュー

メーガン・ブーン

「ブラックリスト シーズン8」 メーガン・ブーン(エリザベス・“リズ”・キーン役) オフィシャルインタビュー

ジョン・アイゼンドレイス

「ブラックリスト シーズン8」 ジョン・アイゼンドレイス(製作総指揮) オフィシャルインタビュー

ジェームズ・スペイダー

「ブラックリスト シーズン8」ジェームズ・スペイダー(レイモンド・“レッド”・レディントン役) オフィシャルインタビュー

石川孝子

「ブラックリスト シーズン7」サウンド・エディター 石川孝子  スーパー!ドラマTV オフィシャルインタビュー

ジェームズ・スペイダー

「ブラックリスト シーズン7」ジェームズ・スペイダー(レイモンド・“レッド”・レディントン役) オフィシャルインタビュー

メーガン・ブーン

「ブラックリスト シーズン7」メーガン・ブーン(エリザベス・“リズ”・キーン役) オフィシャルインタビュー

ジェームズ・スペイダー

「ブラックリスト シーズン6」ジェームズ・スペイダー(レイモンド・“レッド”・レディントン役) オフィシャルインタビューー